ダウトの遊びかた

遊び方
各自手札の中から1枚ずつ、1(A)→2→3〜13(K)と裏(うら)向きで順番に出していって、早く手札のなくなった人のかちです。いかに「ダウト(うそ)」のカードをばれないように出すか、そしてほかの人の「ダウト」を見やぶれるかがポイントとなります。


カードのくばり方
親はカードをよくきり、左となりの人から時計回りに1枚ずつ裏(うら)向きのまま、すべてのカードをくばりきります。


カードの強さ
強さにちがいはありません。


ゲームのすすめ方
1.カードが全員(ぜんいん)にいきわたったら、ジャンケンできめた親から、「1(イチ)」と宣言しながら手札の中の1(A)を、場に裏向きにして出します。


2.次に、左となりの人が「2(ニ)」を宣言しながら手札の中から2のカードを裏向きで出し、その後も時計回りに「3(サン)」」、「4(ヨン)」・・・・・・と出していきます。そして、13(K)までいったら、また1(A)にもどってくりかえします。出すカードのマークは関係ありません。また、2のカードを「1(イチ)2枚」と宣言して出しても大丈夫です。


3.このゲームは「パス」できません。なので、たとえば8がなくても、うそのカード(他の数)を出しながら 「8(ハチ)」と宣言(せんげん)します。このうそのカードを他の人に見やぶられて指摘(してき)されないように出しましょう。 


4.他の人が宣言どおりのカードではなくうそのカードだと思ったときは「ダウト」をコールして、そのカードを表向きにしてたしかめます。もしも「うそのカード」だったら、うそのカードを出した人は、場に積まれたすべての自分の手札に加えなければなりません。 


5.逆(ぎゃく)にそのカードが宣言されたとおりのカードの場合、「ダウト」をコールした人が場に積まれたカードを自分の手札にひきとります。この「ダウト」のコールでゲームが中断(ちゅうだん)したあとは、最後(さいご)に宣言された次の数から出していきます。


6.これを誰かの手札がなくなるまでくり返し続けて、1番早く手札がなくなった人の勝ちになります。1人があがったらそこでゲームは終了し、手札の枚数の少ない順から2位、3位・・・と決めていきます。

 
ピラミッド | カップル | 四葉のクローバー
   
スピード 神経衰弱
 
ババぬき | ページワン | ダウト | 51
大貧民 | ドボン | スコパ
トランプの基礎知識 | 管理人