ドボンの遊びかた

遊び方
特別(とくべつ)な性格(せいかく)をもつカード「役札(やくふだ)」や、数枚まとめて出すことのできる「ドボン」などのルールをうまく使い、いかに人より早くあがるか、また、他の人のジャマをするかが勝負のポイントとなります。1番早く手札(てふだ)をなくした人が勝ちです。


カードの配り方
親はカードをよくきり、左となりの人から時計回りに1枚ずつ5枚を裏(うら)向きのままくばります。
残ったカードは中央の場に重ね、積み札とします。(ジョーカーはのぞきます)


ゲームの進め方
1.みんなにカードを5枚ずつくばり終えたら、残りのカードは中央の場に重ね、積み札とします。ジャンケンで決めた親は、積み札の1番上のカードを1枚めくって積み札の横に表向きにして置き、台札とします。


2.親の左となりの人は、手札の中から台札と同じマークか、同じ数字のカード1枚を台札の上に表向きにかさねます。手札の中に出せるカードがない場合は積み札の上から順に、出せるカードが出るまで手札に加えていきます。そうやって1枚を出して、次の人の順番となります。


3.こうやって前の人が出したカードと同じマークか同じ数字のカードを手札から1枚ずつ出して、時計回りに進めていきます。


4.手札が残り1枚になったら「リーチ」と宣言します。宣言を忘れた場合は、積み札から1枚とって加えなければなりません。

  

5.早く手札がなくなった人が勝ちで、そこでゲームは終了となります。


ドボンのしかた
手札の数字の合計が台札とおなじとき、「ドボン」と宣言して、持ちカードを全部いっきに出してあがることができます。このとき手札のカードのマークは関係ありません。


役札の性格
A(1)→次にだすはずの人をとばして、その次の人に順番が回ります。とばせるのは1回のみです。「リーチ」のジャマができます。


2→出した次の人は手札を出すことができないで、積み札からカードを2枚とって手札にくわえなければなりません。 ただし、次の人も2を持っていたら、重ねて出すことができて、更に次の人が4枚とらなくてはなりません。2を持ってる限り重ねて順に進めます。


8→万能カード。台札に関係なく出せます。次の人が出すカードのマークを指定できます。


J(11)→順番を逆回りにできます。(反時計回り)「リーチ」のジャマができます。


Q(12)→Qを2枚以上持っていたら、同時にだすことができます。(1枚だけでも出せます) この場合、上に置いたカードが台札となります。

 
ピラミッド | カップル | 四葉のクローバー
   
スピード 神経衰弱
 
ババぬき | ページワン | ダウト | 51
大貧民 | ドボン | スコパ
トランプの基礎知識 | 管理人