大貧民(だいひんみん)の遊びかた

遊び方
前の人が出したカードより強いカードを出していって、手持ちのカードを早くなくした人が勝ちです。


カードのくばり方
親はカードをよくきり、左となりの人から時計回りに1枚ずつ裏(うら)向きのまま、すべてのカードをくばりきります。(ジョーカーをふくむ)


カードの強さ
ジョーカーが1番強い。
次にマークに関係なく、2→A(1)→K(13)→Q(12)→J(11)→10→9→8→7→6→5→4→3の順番になります。


大貧民(だいひんみん)の遊びかた


ゲームの進め方
1.まず、ジャンケンで決めた親が場にカードをだします。親の人は、同じ数字であれば、カードは2枚以上出すことができます。その場合は、次に出す人たちは出されたカードより、強いカードを同じ枚数だけ出さなければなりません。
    

2.次に、前の人が出したカードより強いカードを出していって、ゲームは進みます。ジョーカーや2のペアなどを出した人がいた場合、それより強いカードはないので、それを出した人の勝ちとなり親になります。


3.出せるカードがない、または出せるカードがあっても作戦で出したくない場合は、パスできます。場に出たカードより強いカードを誰も出せなくてパスしたときは、最後にカードをだした人が次の親になります。


4.次の親が決まったら、場に出されていたカードはすべて流してしまって、使うことはありません。


5.新しい親から順にカードを出していってゲームは続いていきます。こうして続けていき、最初に手持ちのカードがなくなった人が勝ちで、「大富豪(だいふごう)」となります。残った人たちでゲームは続けていき、次に勝った人が「富豪」、次の人が「貧民」、最後に負けた人が「大貧民」となります。
(3人でゲームをする場合は、「大富豪」、「平民」、「大貧民」となります。5人以上でやる場合は、「富豪」と「貧民」の間の人たちがみんな「平民」となります。)


6.次のゲームの分のカードを配りおえたら、前のゲームで出た階級(かいきゅう)にしたがい、カードの交換をします。


7.「大富豪」・「富豪」は自分にとっていらないカードを「大貧民」・「貧民」と交換します。
交換方法
大富豪(いらないカード2枚)→大貧民
大貧民(最強上位カード2枚)→大富豪
富豪(いらないカード1枚)→貧民
貧民(最強上位カード1枚)→富豪

 
ピラミッド | カップル | 四葉のクローバー
   
スピード 神経衰弱
 
ババぬき | ページワン | ダウト | 51
大貧民 | ドボン | スコパ
トランプの基礎知識 | 管理人